• めざす医療
  • 診察案内
  • 設備紹介
  • アクセス

感染症情報

Home > 感染症情報 > インフルエンザの家庭内感染を予防しましょう

インフルエンザの家庭内感染を予防しましょう

2011.01.12

インフルエンザ流行の兆しがあります。

家庭内感染を防ぐにはどうしたらいいでしょう?

Q:子供にワクチンを接種したのに、インフルエンザに感染してしましました。効かないのですか?

A:ワクチンを打ってもうつる場合もあります。しかし、家庭内感染を防ぐには家族全員でワクチンを打つ方が良いとおもわれます。

 

Q:家族みんなで懸命に看病していますが、問題ないですか?

A:家庭内といっても、マスクで防御したり、出来るだけ近寄らない様にしましょう。

 

Q:元気になったあとも、うつる可能性がありますか?

A:熱が下がった後も、3~4日はウイルスを出しています。熱が下がってからも感染の注意が必要です。

 

Q:家庭内感染はどのくらい広がりやすいのですか?

A:母親のインフルエンザのうち72.4%が家庭内で感染しています。お子さんの看病には十分注意しましょう。

このページのトップへ